Skip to main content

Posts

Showing posts from December, 2017

Los sueños del 2018

Bueno considerando que la apuesta para el año pasado era ambisiosa y consistía en cumplir 3 sueños y cumplí solo uno, pues este año pondré los pies sobre la tierra y solo tendré un sueño a la vez.

Para el próximo año, soñaré con ver una saga completa, de cualquier saga, Harry Potter me encantaría, Señor de los Anillos o Star Wars, cualquiera pero tengo que ver la saga completa, así en marathón de fin de semana.

Tengo todo un año para cumplirlo, que la fuerza me acompañe :)

Ce.

オーストラリア短期留学研修①

来年4月からの三ヶ月、いよいよオーストラリアの地域医療を学ぶための短期留学が出来ることになりそうです。(GENEPROプログラムの皆様ありがとうございます。)

 これから、4ヶ月いろいろな準備など進んでいくと思うので、ここに備忘録としてまとめておこうと思います。
 今回は、
 「なんでわざわざオーストラリアなの?」

というところを書いておこうと思います。
「rural generalist」
という言葉を初めて聞いたのは、松前勤務をしているとき。
2013年だったと思います。当時の院長がケアンズの学会に講演に行って帰ってきたときです。

 「先生、オーストラリアの地域医療はとても勢いがあるよ!rural generalistという人達がいて、総合診療外来の他に、麻酔をしたり、外傷対応をしたりしているよ」

ふーん。という感想と共に、
 「それ、今の自分と似ているんじゃない?!」
 「へき地にいながら、ドクヘリにも乗らせてもらったりしているし、救急対応もある程度の外傷までは対応しているし。」
  「このスタイルは、やっぱり地域でfitsしているんじゃない?!」
なんて思っていました。
 その後色々とあって(詳細は、ここを)、自分の今後について考えていました。

 そんなときに、GENEPROプログラムをフライヤーでたまたま見つけて(プライマリケア連合学会総会@浅草)、そこにあったのが
rural generalist program
でした。
  何かのご縁を感じた私は、いろいろと考えて(そこが大切なんだけど)このプログラムに飛び込むことにしました。
 なんたって、1期生なので何が起こるかわからない(保障されているものもない)ので諸先輩方にもいろいろなご意見を頂きました。(詳細はここ)


 ミーハーな自分
 松前で感じた地域医療のひとつのロールモデルの発展を望む自分
 地域で教育をしたいという自分

 この3つの思いから、オーストラリアへの短期留学のあるこのプログラムに参加しました。

 良かった点
 ・GENEPROがいろいろなサポートをしてくださるので、現地での病院選びや、現地の先生とのコンタクトなどを自分のコネがなくてもよかった。
 ・英語に対して、今までより真剣に必要性を感じて、意識的に勉強するようになった。
 ・似たような思いでプログラムに参加する同期たちに会えたこと
 ・麻酔を中心に外科の研修をさせてもらえていること+…

へき地、離島で働く上で大切なこと③

少し間が空きましたが、part③です。


大切なことは、

「その地域を楽しむ」

です。旅行でもなかなか行かないようなところに赴任するかもしれません。これはチャンスと思って、deepなところまで観光したり、食べ物屋さんなどに行けると楽しいですね。

 いくつかの地域で働いてきていますが、都会よりはへき地、離島はやっぱり
人のつながりがとても強く、私たち医療者(特に医師)や学校の先生、警察官、自衛隊関係者、銀行関係の人はどうしてもよそ者という扱いになります。昔からそうなので地元の人達もわかっていて、何となく距離を感じてしまうことが多いです。でも、それは当然のことです。悪い、良いという判断はできません。また、その地域から離れることがわかっている人達とどう接していいのかって、逆の立場だったらとても悩むと思います。



同じ業種だけで話をしていてもその地域のことはよくわからないことが多いです。それぞれの地域のお祭りや行事、観光地などを楽しむことは地域を理解する上でも一つ大切なことだと思います。

 その他に、きっかけはなんであれ異業種の地元の友達が出来ることはとてもとても大切なことだと思います。出来れば、仕事関係なく話せる友達がいることは地元の情報も、地元の方々の意見などもストレートに話し合うことが出来ます。

 自己犠牲で仕事をしていると思っていても、楽しく過ごしても同じ1日が過ぎていきます。

 1年、2年という人生の大切な時間をへき地、離島で過ごすことを自分のpositiveな期間であったと思えるようにしたいものです。