Skip to main content

地域独特の病気

 それぞれ場所が変わると、病気・怪我の頻度が異なります。
特に感染症は地域性が如実に出ますね。

例えば、
沖縄や鹿児島の離島では、ハブ咬傷
北海道では、エキノコッカス・ウニとげ刺傷・馬外傷

海沿いでは、アニサキス症・サーフボード関連外傷

ある地域ではツツガムシによるリケッチア感染症etc

慣れていないと、
「オーー! 珍しい病気に出会った!」
と一人、あくせくしていますが、地元の看護師さんや医療スタッフは
慣れたもの笑

「あー、先生。それ一年に○○件ぐらいはあるよ。このときは、この治療でしょ。」

とさらっと準備をしてくれます。(凄いものです!)

これって、視点を世界に変えると、アフリカのときに感じたことと同じです。

特に地域独特の感染症には注意ですね。
そして、地元の医療者の方々に助けてもらうことは大切です。

Comments

Popular posts from this blog